出展規程(リアル展示)

リアル展示出展規程

1.会期

2022年2月2日(水)~4日(金)
10:00~17:00

2.会場

パシフィコ横浜展示ホールA・B・C(横浜市西区みなとみらい1-1-1)

3.出展パターン

リアル展示の出展者はオンライン展示とセットでの出展となります。(オンライン展示は無料です。)オンライン展示については、オンライン展示出展規程が適用されますので、そちらも必ずご確認ください。

4.出展者の資格

  1. 本見本市に適する機器、製品、部品、材料及びその関連品のメーカー・商社・業界団体並びに工業関連支援機関等。
  2. 上記の他、特に主催者が認めたもの
  • 但し、主催者は出展者が次のいずれかに該当するときは、出展をお断りします。
  • ・暴力団、暴力団員などの反社会的勢力であると判明したとき。または反社会的勢力を利用していることが判明したとき。
  • ・出展者が、理由の如何にかかわらず、過度な行為による時間的拘束、不当な義務の強要などにより、主催者および各協力会社、他の出展者等の業務を妨害したとき。
  • ・出展物及び出展内容が法令又は公序良俗に反するもの、又はそのおそれがあるもの、及び反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を含むものと判明したとき。

5.出展ゾーンと出展対象分野及び品目

出展ゾーン

出展対象分野及び品目

新たな働き方、生活と社会スタイルを提案
「ニューWorking・Lifeスタイル」
/「カーボンニュートラル」

■非接触、遠隔関連機器・製品分野 (オフィス関連、ソーシャル関連、産業関連等)
■ニューワーキングソリューション関連機器・製品分野(リモートワーク、オフィスワーク関連等)
■抗菌、抗ウイルス関連機器・製品・素材分野(民生関連、オフィス関連等)
■未病、健康関連機器・製品・素材分野
■バイオ、化学関連機器・製品・素材分野
■その他ニューワーキング・ライフスタイル関連分野
■脱炭素関連分野(脱炭素ソリューション関連機器・製品・素材等)
■その他カーボンニュートラル関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

省力化、コストダウンや安心な生活・社会を提案
「ロボット」

■産業用ロボット分野(組み立て、物流、インフラ関連等)
■生活支援ロボット分野(ソーシャル関連、福祉関連等)
■ロボットに関する要素技術・部品分野
■その他ロボット関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

ビジネスモデルの変革や新たな生活様式の提案
「DX・AI・IoT」

■DXソリューション関連分野
■情報通信関連分野(情報通信ツール、システム等)
■ソフトウェア関連分野(ソフト技術、デザイン技術等)
■映像関連分野(動画作成ツール、システム等)
■システム開発、製作分野(生産性向上ソリューション、省力向上ソリューション関連等)
■その他DX・AI・IoT関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

ものづくりのQCDTの課題解決を提案
「加工技術」

■金属機械加工分野(切削、研削、旋削、放電、レーザ等)
■板金加工分野(製缶・板金、精密板金、各種溶接等)
■金属造形分野(プレス、絞り、鋳造、鍛造、粉末冶金、3D造形等)
■表面処理、表面改質、塗装分野(メッキ、コーティング、表面改質、真空系処理等)
■樹脂、ゴム成形加工分野(機械加工、射出、押出、新成形法等)
■ガラス、セラミック、新素材加工分野 (切断、造形、パターニング等)
■金型、治工具分野(金型、治工具等)
■機械要素・部品分野(歯車、ネジ、軸、バネ等)
■その他加工技術関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

付加価値の高いプロダクツを提案
「機器・装置・製品」

■産業用装置・機器分野(工作機械、計測、検査、制御、監視、包装機器、環境エネルギー等)
■電気、電子機器分野(産業関連等)
■医療用関連機器、製品分野(医療関連等)
■ファブレス分野(設計、開発等)
■その他機器・装置・製品関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

産業、生活、社会の未来を拓くヒントを提案

「研究開発」

■大学の研究開発シーズ・成果分野
■企業の研究開発シーズ・成果分野
■産学公連携による研究開発シーズ・成果分野
■その他研究開発シーズ・成果関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

中小企業の経営・ビジネス支援を提案

「ビジネス支援」

■支援機関による中小企業経営・技術支援分野
■海外展開ビジネス支援分野
■その他ビジネス支援関連分野
■団体・共同出展の代表機関分野

(1)来場者が目的としている情報をよりスムーズに収集しやすいように、出展内容を具体的なテーマごとに集約し、ゾーンに分けて展示構成をします。原則として出展者は出展申込み時に選択されたゾーンにご出展いただくこととなりますが、展示内容及び展示構成等を考慮のうえ、展示ゾーンを変更させていただく場合があります。

注:出展対象分野及び品目が複数のゾーンに関連する場合、出展対象分野、品目の比重が大きいゾーンに出展することができます。

(2)ただし、次に該当するものは出展をお断りする場合がございます。

①展示物単体の重量が45トンを超えるもの、または、1平方メートル当たり重量が5トンを超えるもの。著しい臭気・騒音・振動を発するもの、危険なもの。
②出展物が見本市の運営・管理上不適当と認められるもの

6.出展料(税込み)

リアル展示出展料 ※リアル展示の出展者のオンライン展示は無料です。

神奈川県内に事業所を有する企業 その他の企業
スタンダードブース
(基礎小間設備付き)
165,000円 187,000円
スペースブース
(スペースのみ)
132,000円 154,000円
(税込み)

注:4小間以上でお申込みの場合、偶数小間でのお申込みとなります。

7.リアル展示小間の仕様

(1)スタンダードブース(基礎小間設備付き)

1小間の規格:間口3m(芯々2.97m)×奥行3m(芯々2.97m)×高さ2.7m

スタンダードブースには次の基礎小間設備が付きます。
  • ①バックパネル
  • ②サイドパネル(2面)

    注:ただし、角小間の場合、通路側のサイドパネルは設置しません。

  • ③パラペット(高さ0.3m)
  • ④社名板 1枚/1小間
  • ⑤カーペット(統一色)
  • ⑥照明FL40w(パラペットの裏に設置)2灯/1小間

注1:バックパネル、サイドパネル、パラペットはシステムパネル(ベニアパネルに白色ビニールコーテング仕上げ+アルミポール)使用します。

注2:システムパネルへの釘の打ち付け等の加工はできません。

(2)スペースブース(スペースのみ)

1小間の規格:間口3m(芯々2.97m)×奥行3m(芯々2.97m)(9㎡)のスペース

スタンダードブースのような基礎小間設備がつきません。小間装飾については、出展者の責任と経費負担で行ってください。

注1:避難通路に面する小間の『出入口』は2m以上確保してください。また100㎡以上の面積を有する展示小間内も、二方向避難ができるように2m以上の避難通路『出入口』を設けてください。

注2:各出展者のバックパネル、間仕切り(サイドパネル)は、原則、事務局で設置します。

注3:島小間の場合、バックパネルはつきません、また隣接小間が無い場合、間仕切りはつきません。

セットバック規定

装飾・表示の高さは床面より、4m以下とします。
ただし、隣接する出展者との境界線から90cm以内に設置する装飾の高さは、2.7m以下とします。
なお、通路に面する境界線にはセットバック規定を設けません。

注:バルーンを設置する場合は事前に事務局へご連絡ください。
高さ、大きさ等の制限をさせていただく場合がございます。

8.出展料に含まれる経費

(1)出展者情報の掲載
テクニカルショウヨコハマ2022ホームページに出展者情報を掲載し、出展者の魅力を発信します。
  • ①キャッチコピー(30文字以内)
  • ②会社名及び会社ロゴ
  • ③所在地、TEL
  • ④会社URL
  • ⑤展示製品名(5点以内)
  • ⑥出展のみどころ(300文字以内)
(2)開催案内リーフレット

9.出展料以外の経費

次のものは、出展料に含まれておりません。

(1)出展者の自己装飾工事費、搬入出費及び展示実演に要する費用
(2)電気幹線(一次側)工事費及び電気使用料。各小間までの電気幹線(一次側)工事は事務局が一括して行います。
(税込み)
電気幹線工事費
(単相100V、200V、三相200V)
11,000円/1kw(会期中)
電気使用料 2,200円/1kw(会期中)

コンセントまたはスポットライトをご使用する場合、申込電気容量の合計額に見合った電気幹線 (一次側)工事費及び電気使用料をご負担いただきます。

注:コンセントを使用する場合の電気容量は[1kwを最小申込容量]とします。スポットライト等の照明器具を使用する場合の申込電気容量は[使用個数×容量kw]で積算していただき、合計した申込電気容量に見合った電気工事費及び電気使用料が発生します。

(3)電気関係の備品料金
小間内のコンセント、スポットライト等の電気関係備品(配線(二次側)工事及び取付け込み)については、申込みにより事務局が行い、別途費用が発生します。

注:小間内のコンセント、スポットライト等の電気関係備品(配線(二次側)工事及び取付け込み)については、出展者独自で行うことも可能ですが、工事方法については会場(パシフィコ横浜)の規程を厳守していただきます。ご希望の方は事務局にお問合せください。

(4)装飾関係の備品料金
基礎小間設備以外の装飾関係備品(展示台、受付カウンター、イス、カタログスタンド等のオプション)については、出展者負担となります。
(5)インターネット接続サービス
(税込み)
専有回線 66,000円/本(会期中)

ご希望の方は、フレッツ光ネクスト ギガラインタイプIP0(プロバイダー:OCN)の利用が可能です。

注1:グローバルIPアドレスが必要な場合、別途オプション料金が発生します。

注2:通信速度は、最大1Gbps(ベストエフォート型)です。

注3:接続に関するご相談は、パシフィコ横浜展示ホールオペレーショングループ(TEL:045-221-2183)までお問合せください。

(6)給排水・エアー供給等の特設工事
給排水・エアー供給等の特設工事が必要な場合、事務局にて取扱業者を紹介します。

注:上記工事に関する工事費用・使用料については、出展者負担となります。

(7)アンカーボルトの使用料 
(税込み)
アンカーボルトの使用料 1,650円/1本

床工事を行う場合、アンカーボルトの本数に応じ、別途費用が発生します。
アンカーボルトについては、会場(パシフィコ横浜)の指定のものを使用していただきます。
無届使用の場合、違反金をお支払いいただきます。

(8)時間外使用料
搬入出、会期中午後7時を超えて会場内で作業する場合、1時間につき11,000円(税込み)の時間外使用料が発生します。
(9)その他
以上の他、出展者の希望または小間設計に係わる法令上の必要により発生する費用がございます。詳細は後日お知らせする「出展の手引」に記載します。

10.出展申込み

出展申込み期限 2021年10月15日(金)
<出展申込み方法>
テクニカルショウヨコハマ公式サイト
https://www.tech-yokohama.jp/
よりお申込みください。
(1)申込み時の注意事項
  • ①4小間以上でお申込みの場合、偶数小間でのお申込みとなります。
  • ②申込み受付後、展示内容及び展示構成等を考慮のうえ、申込ゾーン及び小間数を変更させていただく場合がございます。
  • ③出展申込期限前でも満小間に達した場合、出展申込みをお断りする場合がございます。
(2)団体・共同出展の場合
複数の会社(関連会社、系列会社等)が1つの展示スペースに共同で出展することができます。その際には代表となる1機関が、主催者との申込み手続等といった連絡を一括して担当いただきます。
(3)出展確定
申込み締め切り後、展示内容及び会場構成等を考慮のうえ、出展の可否を文書にて通知します。

11.出展料の納入

出展料は、出展確定後、事務局から請求します。その際、納入期限をお知らせしますので、指定の期日までにお振り込みください。また、振り込み手数料は、出展者の負担とさせていただきます。期限内までにお支払いいただけない場合は出展を取り消します。

12.出展の取り消し、キャンセル料

2021年11月1日(月)以降、出展者の都合により出展の取り消し等の意思表示があった場合は、出展料金の100%のキャンセル料をお支払いいただきます。

13.小間割り

(1)4小間以上の出展者
小間割りは、事務局が定めたゾーン別会場構成により、事務局にて決定します。
(2)3小間以下の出展者
小間割りは、事務局が定めたゾーン別会場構成により、小間割り抽選会で出展者の抽選で決定します。抽選は、ゾーン別に小間数の多い順から、同小間数の出展者間で行います。欠席の場合、事務局が小間位置を任意に決定します。

注:給排水、エアー供給、ガス供給等の特設工事を要する出展者は、施設の関係上予め小間位置を限定する場合がございます。

14.外国貨物取扱い及び招聘状の不発行

(1)外国貨物の取扱い
出展物は、原則として通関済み貨物に限ります。事務局は、展示場の保税許可申請をしませんので外国貨物のまま出展する場合の手続きは、全て出展者が行うものとします。
(2)入国ビザ取得のための招聘状の不発行
事務局は、出展者が日本国への入国ビザ取得のために必要な招聘状の発行はいたしません。

15.禁止行為

(1)出展物即売の禁止
会期中いかなる理由によっても、出展物を即売することはできません。
(2)小間の譲渡、転貸、交換
出展者は、自社小間の一部あるいは全部を、有償無償にかかわらず第三者又は他の出展者に譲渡、転貸、交換することができません。
(3)迷惑行為
通路等自社小間の外における出展物、装飾等の設置及びカタログ・パンフレットの配布及びこれに類する行為はできません。
(4)その他の禁止行為及び詳細
後日お知らせする「出展の手引き」に記載します。

16.個人情報の取り扱いについて

出展者は、本見本市の出展を通じて「個人情報」を取得する場合、個人情報保護法及び関連法令を尊守し、適法かつ適切な取得をお願いします。出展者の個人情報に関する紛争に関しては、出展者の責任において解決するものとします。

17.出展物の管理及び賠償責任

事務局は、会期中における出展物の管理・保全について事故防止に最善の注意を払いますが、天災・火災・盗難・紛失・その他不可抗力による事故やあらゆる原因から生じる損失または損害についてその責任を負いません。出展者は、出展物の保護に当たるとともに、保険を付す等の処置を取ってください。名刺入れ、ノートPC等、個人情報の管理・取り扱いにも十分のご配慮をお願いします。また、出展者は、展示・実演及び搬入出作業中に、自己またはその代理人の不注意その他によって生じた会場設備または本見本市の建造物もしくは人身等に対する一切の損害についての責任を負うものとします。

18.開催形式の変更について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により主催者がリアル展示を中止とした場合、オンライン展示のみの開催とする予定です。なお、その場合、リアル出展者はオンライン展示のみの出展となりますのでご了承ください。その際に係る出展料はオンライン展示出展規程に定める出展料をご負担いただくこととし、差額を返金します。

19.不可抗力等による開催中止の場合

  1. 不可抗力等(天災、災害、戦争、テロリズム、疫病・感染症の蔓延、その他の理由等)による原因により本見本市の開催が著しく困難となった場合、主催者は開催前または開催期間中であっても、開催の中止や開催期日、開催時間の短縮等を行うことがあります。その場合、主催者が上記の決定を行った後、速やかに出展者に通知し、本見本市の公式サイト等を通じて公表することとします。
  2. 開催日前日までに、不可抗力等により全日程を開催中止とした場合は、既に納入された出展料を返却します。
  3. 不可抗力等により、開催期日・開催時間を短縮した場合については、出展料は返却しません。
  4. 不可抗力等による開催中止または開催期日・開催時間の短縮のため、出展者が要した費用及び被った損害・損失については補償しません。

20.その他

本規程は、主催者が必要と認めた場合、その一部を変更することがあります。その場合、変更された規程内容は、本見本市の公式サイト、あるいはその他の方法で出展者に告知します。